クラウドサービス

ownCloudとは

ownCloudとは、オンラインストレージが利用可能になるサーバーアプリケーションです。
各種デバイス(PC、スマートフォン)で対応可能なアプリがあり、そのアプリを利用する事で、各種デバイス間でのデータの共用が可能となります。

オンラインストレージとは、サーバーのディスクスペースを、データの倉庫のように活用する事ができるサービスです。
許可されたユーザーだけが接続可能で、データのアップロード・ダウンロードをする事ができる為、安全にデータのやりとりを行うことが可能です。
メールにデータを添付するよりも、確実で、安全に、相手にデータを取得してもらう事が可能です。 

Back To Top

ユーザデータはどこに格納されますか

ユーザデータはDBに格納されます。 弊社が提供するシステムではMySQLに保存されます。

Back To Top

アップロードファイルはどこに格納されますか

デフォルトの場合、インストールディレクトリ配下の[data]ディレクトリにファイルが格納されますが、弊社が提供するシステムでは、セキュリティ向上のため、WEBでは見ることができない場所に格納しています。

Back To Top

ownCloudはアンチウイルスソフトを利用することができますか

はい、OSSのアンチウイルスソフトと連携させることができます。

Back To Top

Active Directory上で管理しているユーザやグループで、ファイルやフォルダの共有はできますか

可能です。
Active Directory上で管理されているユーザやグループのみに対する共有もできます。

Back To Top

ownCloudアカウントを所有していない人とのファイル共有はできますか

URLリンク機能を用いて、パスワード付きで外部にファイルやフォルダを公開することができます。

Back To Top

特定のユーザやグループに、ファイルやフォルダを共有させることはできますか

可能です。
ブラウザから簡単に設定することができます。例えば[営業]グループを作成しておき、このグループに属するユーザのみファイルを参照可能にする設定ができます。

Back To Top

どのような方法でownCloudを利用しますか

ownCloudはWEBブラウザ、クライアントソフトを使ってファイルの保管、同期、共有を行ないます。

【WEBブラウザ】
ドラッグ&ドロップで簡単にファイルをアップロードできます。
■ 対応ブラウザ      ・・・ Chrome、Firefox、IE10
※ IE9以前のバージョンでも一部機能が使えませんが動作します。

【クライアントソフト】
クライアントPCの同期フォルダへファイルを置くと、自動的にownCloudへファイルがアップロードされます。
■ 対応OS        ・・・ Windows、MacOS、Linux、iPhone / iPad、Android

Back To Top

対応デバイスを教えてください。

PCはもちろん、スマートフォンやタブレットからアクセスすることができます。 外出先で資料を確認する必要があった場合、モバイル環境で必要なファイルを参照することができます。

Back To Top

年間サポート(日本語対応)の詳細について教えてください。

弊社システムのユーザ様には、日本語によるメールでのお問い合わせを受付します。 また、よくいただくご質問については、このFAQページにてご紹介します。

Back To Top

ユーザーの作成方法を詳しく教えてください。

ownCloudユーザーを追加するには、ownCloudの管理者ユーザーでログインした後、画面右上のユーザー名の部分をクリックした時に表示されるメニューの中の「ユーザ」から可能です。


「ユーザ」をクリックすると、以下のような画面になります。
ここで、上部に設定したいユーザー名とそのパスワードを入力し、「作成」ボタンをクリックします。
(グループは未設定でも問題ありません。後で変更する事が可能です。)


すると、下図のように、作成したユーザが表示されます。
ここでは、「test」というユーザを追加しました。

Back To Top

データの共有方法を詳しく教えてください。

管理者ユーザにアップロードされているデータを、追加した「test」ユーザでも、ダウンロード可能になるように データの共有を行う事が可能です。

共有したいデータを持っているユーザーでownCloudにログインし、「test」に共有させたいデータにマウスを合わせ、メニューを表示させます。
メニューの中の「Share(or 共有)」をクリックします。


以下のように、共有するユーザー名を入力するボックスが表示されます。
ここに、共有先のユーザである「test」を入力します。


すると、下図のような表示になります。

ここで、「URLリンクで共有」にチェックを入れると、共有するデータへのリンクが、ユーザ「test」からも利用可能になります。
ここにチェックを入れなかった場合は、ユーザ「test」領域にも該当のデータがコピー設置される事になります。
どちらでも、目的にあった設定を選択して下さい。

以上で、データの共有設定は完了です。 
testユーザーで、ownCloudにログインしてみると、「Shared」というフォルダが自動生成されています。
この「Shared」フォルダの中に、共有設定したデータが存在しています。

Back To Top

データ共有URLのパスワード保護について

ownCloudでは、データ共有の設定として、共有ユーザーを作成して、ユーザー間でデータの共有を行う事が可能です。
他にも、共有ユーザーを作成せずに、該当データへのリンクを、任意の相手にメールで伝える、という方法を行う事が可能です。
その際に、パスワード保護・有効期限の設定を行う事も可能です。

データーへのリンク先URLにパスワード保護を設定

リンクURLで共有したいデータの「共有」をクリックします。
下図のように、共有ユーザを選択するか、URLリンクで共有するかの選択が可能になりますので、「URLリンクで共有」にチェックを入れます。


すると、リンク先のURLが表示され、さらに「パスワード保護」というチェックボックスが表示されます。


「パスワード保護」にチェックを入れると、下図のように、パスワード入力欄が表示されます。

このパスワード入力欄に、任意のパスワードを入力します。
※ここで入力したパスワードは表示されません。 後から確認する事もできません(上書きは可能です)ので、入力内容は、必ず控えておいて下さい。


パスワード入力後、他の入力欄をクリックすると、下図のように、パスワード入力欄に「パスワード保護」と表示されます。
これで、任意のパスワードによるパスワード保護状態になっています。


リンクURLに有効期限を設けたい場合は、「メールリンク」の下の「有効期限を設定」にチェックを入れて下さい。


チェックを入れた後に、有効期限入力欄をクリックすると、下図のようにカレンダーが表示され、期限の日付を選択する事ができます。


パスワード保護や、有効期限の設定が完了したら、「メールリンク」欄に、共有URL情報を送りたいメールアドレスを入力します。
メールアドレス入力後、「送信」ボタンを押します。
※メール送信については、事前に設定を行って頂く必要がありますのでご注意下さい。


メール送信が完了すると、下図のように「メールを送信しました」と表示されます。


送信されたメールには、以下のように共有URLが記述されています。
送信されるメールの例
件名:ユーザ admin はあなたとファイルを共有しています
送信者:sharing-noreply@ドメイン名

本文:
ユーザ admin はあなたとファイル
"共有データ名"
を共有しています。こちらからダウンロードできます:
http://ドメイン名/owncloud/public.php?service=files&t=暗号化された文字列
--
ownCloud
Your Cloud, Your Data, Your Way!
※「admin」部分には、発信したownCloudユーザー名が入ります。
パスワード保護や有効期限を設定した場合でも、上記のように、メール本文内に、そのパスワード情報や有効期限が記載される事はありません。
別途メールなどで、パスワード情報などを相手に伝えていただく必要がありますので、ご注意下さい。

共有URLにアクセスすると、下図のような画面が表示されます。


ここで、設定したパスワードを入力すれば、下図のように、該当データのダウンロードが可能になります。 

Back To Top

アップロード可能なデータのサイズ

ownCloudでアップロード可能なひとつのデータサイズは、PHPで規定されている「upload_max_filesize」に準拠しています。
初期状態のownCloudでは、アップロードできるデータサイズの上限は、512Mまでになっています。 更に大きなデータをアップロードしたい場合にはお問い合わせください。

Back To Top

WindowsPCとownCloudの同期設定について

WindowsPCとownCloudの同期設定

WindowsPCに、ownCloudのソフトをインストールする事で、PC内の特定のディレクトリが、サーバ上のownCloudと自動的に同期させる事が可能です。  

WindowsPC用のownCloudソフトのインストール

サーバー上のownCloudとWindowsPCを同期させるには、WindowsPCにソフトをインストールする必要があります。 公式サイトの画面右上にある「Install」というアイコンをクリックして下さい。


下図の「Desktop Client」にある「Windows」をクリックして下さい。


すると、下図のようなダウンロード画面が表示されますので、Windows Clientの「Download latest」をクリックして下さい。 
クリックすると、インストール用の実行ファイルがダウンロードされます。


ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックすると、インストールが開始されます。

インストールを開始すると、下図のような画面が表示されます。
「Next」をクリックして下さい。


次に、以下のような設定画面が表示されます。


ここで、下図のように設定情報を入力します。

ユーザーは、ownCloudをインストールした時に設定したownCloudの管理者情報を設定します。
※「Use secure connection」は、独自SSL設定済みで、SSL経由接続で利用したい場合にチェックを入れて下さい。 

すると、接続チェックを行われ、自動的に、WindowsPC側に、同期用のフォルダが生成されます。 

赤枠で囲んだ部分が、WindowsPC側に作成された同期用のフォルダになります。

インストールが完了すると、ownCloud Client ソフトが起動し、タスクバーに、下図のように表示され、起動状態になります。


ownCloud Client ソフトが起動中の状態の時に、WindowsPCの「Cドライブ」の中にある以下の同期用フォルダにデータをアップロードすると、自動的に同期され、サーバー上のownCloudにもデータがアップロードされます。
C:\Documents and Settings\ユーザー名\ownCloud
※ユーザー名は、ご利用WindowsPCのユーザー名になります。

サーバー上のownCloud側では、以下のように、自動的に「clientsync」というフォルダが生成されます。


サーバー上のownCloudで、「clientsync」フォルダにアップしたデータは、自動的にWindowsPCの
「C:\Documents and Settings\ユーザー名\ownCloud」にもアップロードされます。
また、WindowsPCの「C:\Documents and Settings\ユーザー名\ownCloud」に設置されたデータは、
自動的に、サーバー上のownCloudの「clientsync」フォルダにアップロードされます。

データの同期は、WindowsPC の ownCloud Client ソフトが起動中の場合でだけ有効です。

Back To Top

マルチデバイス対応

マルチデバイスに対応したクライアントアプリケーション

ownCloudはブラウザから利用するだけではありません。PC(Windows・Mac・Linux)やスマートデバイス(iPhone・iPad・Android・Kindle Fire)それぞれのデバイスに合わせた専用のアプリをご用意しています。

WindowsエクスプローラーやMac OSのFinderでは、その使い勝手と同じまま、スマートデバイスではその直感的に利用可能なユーザインターフェースをそのまま業務に利用できるため、マニュアルの作成やエンドユーザー様のトレーニングにかかる手間を軽減することが可能です。
クライントアプリは、

各デバイス用のアプリのダウンロード先

deskrtop_app
iTuneStore
android
kindlefire

WebDAV接続

ownCloudはWebDAV準拠のオンラインストレージです。そのためWebDAVに対応した様々なOSの様々なソフトウェアから接続できます。
クライントアプリを導入することが出来ない環境でもOS標準の機能を利用してWebDAVに接続する、また、容量やセキュリティー上の問題でオフラインでの使用を想定しないといったニーズにも対応が可能です。

 

 

 

 

 

ownCloudはオンラインストレージとして最も重要な要素であるセキュリテイーを担保するために様々な仕組みが用意されています。

ファイル・通信路の暗号化

ownCloudはファイルを暗号化してからストレージに格納させることが可能です。また、ownCloudとの通信はSSL暗号化技術を利用した拠点間のセキュアなファイル交換が可能です。

 

詳細はこちら

同期機能

ownCloudとPCとの同期機能

ownCloud専用のデスクトップ用クライアントアプリケーションをインストールすると、お使いのパソコンからWindowsエクスプローラーやMac OSのFinderのフォルダをownCloudと自動で同期させることが可能となります。

例えば同期対象のフォルダでファイルを作成すると、同期機能により自動的かつ速やかにownCloudのオンライン・ストレージにコピーされ、同じく連携している別のPCや携帯端末にも同期されます。

更新ファイルの通知

クライアントツールには、ファイルが更新された際の通知機能が存在します。他のメンバーがファイルをアップロードし、それがお使いのPCへ同期された場合は画面上へ通知されます。更新通知

更新状態の確認

クライアントツールからはどのファイルが同期されているのか確認が可能です。同期状態

 

 

共有機能

ドラッグ&ドロップでファイルをアップロード

ownCloudは専用クライアンアプリをインストールしなくてもブラウザからドラッグ&ドロップだけで簡単にファイルの共有/保存が可能。
インターネットさえ使用可能であればどこからでも簡単操作でownCloudを利用することが可能です。
ドラッグ(回転なし)

一括ダウンロード機能

アップロードだけではなく、ファイルの一括ダウンロードや共有設定もブラウザから設定可能です。一括

選択可能な共有方法

ownCloudのアカウントを持たない相手とのファイルの共有も可能です。簡単な操作でダウンロードURLを生成でき、パスワード設定はもちろん、必要以上に公開し続けるといったセキュリティ事故を防ぐダウンロードの有効期限の設定(時限公開制御)も可能です。ファイル共有

ファイルの世代管理(バージョン管理)機能

文書や資料などのファイルの作成や編集を複数で作業していると、どこか一部を誤って消してしまったり、さらには以前のものを保存せず誤って上書きしたり、なにかと問題が発生がしがちです。これらの問題を防止するためにownCloudには標準で全てのファイルへのバージョン管理機構が搭載されています。過去の状態や変更内容を確認したり、変更前の状態を復元することがクリック操作のみで可能です。
バージョン2
専用クライアンアプリに関しては「マルチデバイス対応」をご確認ください。

 

オンラインストレージを自社で構築しませんか?

ownCloudはオンラインストレージをお客様専用の環境に構築するためのソフトウェアです。
「DropBox」や「Google Drive」のような使い勝手を維持したまま、データ容量を気にせず安心して取引先や国内外拠点との安全なファイル共有を行いたいお客様に最適なソリューションをご提供いたします。

ownCloudの特徴

自社環境に設置

クラウド環境やよりセキュアな自社サーバー等設置環境を選びません。

操作ログ

ファイル操作ログの管理が可能です。自社専用環境への構築となるため御社のコンプライアンスルールに則した形でのログ管理が可能です。

マルチデバイス対応

ブラウザからの利用はもちろん、フォルダごとに同期可能な専用アプリによりDropboxやGoogle Driveライクな利便性を実現します。

多彩な共有方法

ownCloudのユーザ間だけではなくアカウントを持たない相手にもファイルを共有することが可能です。

LDAP/AD連携

LDAPやActive Directory等の既存のユーザー管理システムとの連動が可能です。

セキュリティ

ウイルスチェック、ファイル暗号化機能や通信内容の暗号化対応が可能です

大容量

100GBと200GBの2つのコースをご用意しました。

 

ownCloudは、ファイル同期・共有ソリューションを提供します。

ownCloudは、オープンソースのファイル同期/共有ソフトウェアで、サーバ上で、安心して使える高セキュリティなファイル同期や共有ソリューションを提供します。

ownCloudは、いくつものフォルダを共有することができ、ownCloudサーバでそれらを同期します。ローカル共有ディレクトリにファイルを配置すると、それらのファイルは直にディスクトップクライアントを介してサーバー、他のPCに同期します。デスクトップクライアントがなくても、Webブラウザでログイ
ンすることにより、ファイルを管理できます。AndroidとiOSのモバイルアプリを使用すると、閲覧・ダウンロードや、写真やビデオをアップロードすることができます。更にAndroidでは、他のファイルをダウンロード、編集、作成することや、ownCloudアプリがインストールされていれば、アップロードできます。

モバイル・デバイス、ワークステーションあるいはウェブ・クライアントを使用して、適時にあったデバイスを使用する事により、簡単・安全で、個人的で制御されたソリューションで正しいファイルを手に入れる機能を提供します。ownCloudで、あなたのクラウド・データ・手段を実現します。

詳細はこちら

Webインターフェース

ユーザは、管理者から受け取ったアドレスにでWebブラウザとownCloudに接続する事ができます。
URLを入力すると、下の写真と同様のページが表示されます。 詳細はこちら

ファイルと同期

ファイルにアクセス(Webインターフェイス)

ownCloudは、Webインタフェースを使用してどこからでもアクセスすることができます。ファイルのアプリでは、表示(一般的なタイプであれば)、移動、名前の変更、ダウンロード、共有、簡単にファイルを削除することができます。バージョン管理アプリが有効になっている場合は、特定のバージョンにファイルを戻すことができます。※バージョン管理を参照。 詳細はこちら

連絡先とカレンダー

連絡先アプリの使用

ownCloudの連絡先アプリは、他のモバイル連絡先アプリのように多くの機能を備えています。アカウントを開くのと同時にデフォルトのアドレス帳が利用可能になります。本章では、アドレス帳の追加や削除の手順を記載します。 詳細はこちら

お問い合わせ

便利なデータ

有限会社 南天
〒343-0047
埼玉県越谷市弥十郎704-8
048(979)7737